遺言書作成の流れ


1.面談

 

お客様のご要望を聞き、どのような財産を誰に残されたいのか?

自筆証書遺言にされるのか、公正証書遺言にされるのか?

遺言を残すにあたって質問や疑問等、お答えします

 

 

2.見積もり掲示

 

明朗会計にて、詳細な見積もりをさせていただきます

 

 

3.相続人調査、相続関係図作成

 

遺言者の出生から死亡までの戸籍』と推定相続人の戸籍を職務上請求を使い取得し、相続人を確定して確実な遺言書を作成します

収集した戸籍は、相続開始後の検認・遺言執行にそのまま使えますので無駄になりません

 

4.財産調査、財産目録作成

不動産、金融資産、動産の確認、一覧表を作成します

 

5.文案作成

 

面談にて伺った内容をもとに、法的に穴がないよう遺言文案を作成します

自筆証書遺言の場合は、文案を参考に自書していただき、遺言の信憑性を高める工夫をさせてもらい、ここで完結となります

 

6.公証役場にて遺言作成

 

公正証書遺言の場合は、公証人と打ち合わせを行います

後日、遺言者様と証人二人同席の上、公証役場にて遺言の作成をおこないます

証人は、守秘義務のある行政書士である私と、公証役場紹介の方で行わせていただきます

遺言の内容が他者に漏れる心配はありません

また、費用はかかりますが公証人に自宅まで出張してもらうことも可能です